試験の出題範囲

ITパスポート試験の出題範囲

ITパスポート試験の出題範囲は「ストラテジ系」、「マネジメント系」、「テクノロジ系」の大きく3つの分野に分かれています。
ITパスポート試験はシステムのある部分を開発するような専門知識ではなく、一般に社会人が備えておくべき基礎知識を測る試験なので、一つの分野だけではなく広い知識を求めています。
「学習範囲が広くて大変」と感じてしまうかもしれませんが、ITパスポートの知識を習得できると、ITへの抵抗感がなくなるのはホントです。ここは前向きに考え、初学のことにも好奇心旺盛に取り組んでいきましょう。このページで3分野の概略をお話しします。

ストラテジ系

広くビジネスの視点から、情報処理技術に関する基礎用語や概念を問う問題が出題されます。経営戦略や会計、法務、マーケティング戦略など、広くビジネスの視点から、企業活動とITとの関わりを中心としたテーマを扱っているのがこの分野です。

<出題範囲>・企業活動 ・法務 ・経営戦略マネジメント ・技術戦略マネジメント ・ビジネスインダストリ ・システム戦略 ・システム企画・システム技術開発・ソフトウェア開発管理技術

マネジメント系

主に開発プロジェクトの運営や、プロジェクト進行に関わる計画・実施手法などに関する基本的な用語・概念など知識を問う問題が出題されます。企業で利用されるITシステムが、システム開発会社等によりどのような流れで作られていくのか、またITを活用すると会社の業務はどのよう効率的に管理されるのか、そのようなフローを学ぶのがこの分野のテーマです。そのためマネジメント系では、システムのテスト方法や開発チームの管理なども学習の対象になります。

<出題範囲> ・システム技術開発 ・ソフトウェア開発管理技術 ・プロジェクトマネジメント ・サービスマネジメント ・システム監査

テクノロジ系

ハードウェアからソフトウェアまで、実際にIT機器を利用する時に重要な知識を扱っているのがテクノロジ系です。この分野では、コンピュータの構造や動作の仕組み、またネットワーク、セキュリティ、データベース全般についての幅広い知識が問われます。

<出題範囲> ・基礎理論 ・アルゴリズムとプログラミング ・コンピュータ構成要素 ・システム構成要素 ・ソフトウェア ・ハードウェア ・ヒューマンインターフェース ・マルチメディア ・データベース ・ネットワーク ・セキュリティ

初学者もわかりやすく学べる講義DVD情報→http://www.foresight.jp/it/

<< 前のページ次のページ >>