就職・転職に有利?

就職・転職に有利?

このページではITパスポート(資格)の取得が、就職・転職に有利に働くかどうか、という点について考えてみます。

ITベンダー系の企業で、ITパスポート資格が社員に取得してほしい第2位の資格であることは、すでに見てきました。
しかし、ITパスポートの資格が就職・転職の採用考課に直結するかといえば、そうは言いにくいところがあります。

理由はITパスポートが、「職業人の誰にも必要とされるIT系資格」だからです。
職場ではITパスポートの知識はもちろん役立ちます。どのような職場でも役立ちます。
しかし社会人の誰にでも役立つ、つまり汎用性がきわめて大きいITパスポート資格が、採用考課の対象とされるのは考えにくいです。

資格が採用考課の対象となるのは、あくまで保有資格がその人の専門性として考課される場合です。たとえば建築士には建築士免許が必要ですし、社内で経理業務に携わる場合は、日商簿記の2級資格が大きくモノをいいます。IT関連の資格でも、ネットワーク構築の専門知識(資格)である、CCNAやCCNPはそのような対象として扱われるでしょう。
繰り返しますが、ITパスポート資格がそのような扱いをされることはないでしょう。

しかし国や地方公共団体、大手の企業などでは、ITを重要視し、新入社員・新入職員に、ITパスポート試験の勉強を必須教育としているところもあります。

例えば、金融庁、パナソニック、東京電力などでは、試験取得の費用を会社負担として、職員・社員がITパスポートの資格を取得できるように強いサポートをしています。
また佐賀県、和歌山県田辺市ほか地方自治体も、職員のITパスポート取得には積極的です。

就職・転職には必要最低限の資格

現代社会においては、パソコンなどITを使わずに行える仕事は非常にわずかなものになっています。転職求人サイトを見ていると「要PCスキル」を謳っていない企業は皆無とさえいます。

ですからITパスポートが就職・転職に有利と考えるよりも、ITパスポートレベルの知識は最低限身につけておくことが、就職・転職を不利にしないポイントと考えておいた方がよいのではないでしょうか。

ITパスポート試験は国家資格ですし、多くの機関・企業が取得を奨励しています。時間の余裕を見つけ、取れるうちに取っておくというのは賢い選択といえるでしょう。

初学者もわかりやすく学べる講義DVD情報→http://www.foresight.jp/it/

<< 前のページ次のページ >>