社員にとらせたい資格No.2

ITベンダー企業で人気第2位の国家資格!

最近は企業でも資格に注目する度合いが高まっています。
就職・転職活動において、企業が応募者に求める要素といえば、これまではコミュニケーション能力や責任感、積極性など、なかなか物差しでは計れない能力が多かったものです。つまり大きくはその人の“人柄”や“人間性”が重視されていたのです。
しかし最近は、より実践的な能力を問う企業が増えています。転職活動ではそれは主にそれまでの経歴であり、また就職・転職に共通する実践力とは“資格”のことです。

そして企業が社員に持っていてほしい資格として、いまITパスポート資格は非常に注目を集めています。
それを裏づけるようなパブリシティーがあります。2010年11月発売の「日経コンピュータ」によると、「ITベンダー企業の人事担当者が、営業担当者に『取得させたい』資格ランキング」で、「基本情報技術者」試験に次ぐ第2位にランクインしています。

1位から5位まで並べてみます。
1位 基本情報技術者
2位 ITパスポート
3位 ITコーディネーター(ITC)
4位 中小企業診断士
5位 ITストラテジスト となります。

ITベンダー企業とはパソコンなどのハードやソフトを販売者として提供する企業のことです。IT技術を専門とする会社ですので、IT関連の資格取得が歓迎されるのは当然のことです。しかし注目すべきは、初級者向け試験の印象がつよいITパスポート試験が、ITのプロ集団の間でも、上位資格として奨励されているという事実です。

ITパスポートが、どのような職場であっても、活かせる資格、活かせる知識であることを、これほど端的に示しているデータはないでしょう。
そしてITパスポート試験は、ITのプロの間で奨励されている資格だから難易度の高い取りつきにくい試験かというと、決してそんなことがないのも安心材料です。
資格の難易度についてはのちのち詳しく紹介していきますが、ITパスポート試験には中学生の合格者もたくさんいます。

本題に戻りましょう。ITパスポート資格は、多くの企業が社員に取得してほしいと望んでいる資格です。ITパスポートには、企業の業種や規模に関係なく、どのような職場においても汎用性があるのですね。

ITの知識とスキルについて、何か不足を感じているみなさんでしたら、どなたにもお薦めしたいのがITパスポートです。

初学者もわかりやすく学べる講義DVD情報→http://www.foresight.jp/it/

<< 前のページ次のページ >>