学習ポイント3(テクノロジ系)

テクノロジ系の学習要点

テクノロジ系では、コンピュータの「基礎理論」、「コンピュータシステム」、そして「技術要素」の大きく3つについて学びます。

基礎理論

コンピュータは、1と0によって値を表現する2進数の処理で作動します。この2進数の特徴や演算、基数に関する基本的な考え方から基礎理論の学習は始まります。
またプログラムを効率よく作成するために必要な処理手順を「アルゴリズム」といいますが、この手順を学び、高品質なプログラムはどのようなデータ構造であるかを理解することもこの分野の学習テーマです。

キーワードとしては、2進数、10進数、集合、命題、ベン図、真理値、流れ図(フローチャート)、アルゴリズム、順次構造、選択構造、繰り返し構造、探索、HTMLXMLなどが押さえておきたい専門用語です。

コンピュータシステム

コンピュータやシステムの構成要素や、ソフトウェアについて理解を深める学習が求められます。この分野についてはキーワードを先に列挙した方が、みなさんもイメージしやすいと思います。
メモリ、プロセッサ(CPU)、クロック周波数、ビット単位、出力装置(ディスプレイ)、集積回路(IC)、ホストコンピュータ、オンラインシステム、通信回線、オペレーティングシステム(OS)、ファイルシステム、アプリケーションソフトウェア、オープンソースソフトウェアほか、無数の用語をこの分野では学習することになります。
これらの用語(部品・ソフト・現象など)の意味を知り、その相互関係を理解することで、コンピュータのハード~ソフトまでの包括的な把握が可能になります。

技術要素

コンピュータにおけるヒューマンインターフェースに始まり、マルチメディア、データベース、ネットワーク、セキュリティの各分類分野で代表的な技術を把握します。

  • ヒューマンインターフェースインターフェイス/GUI、メニューなど、インタフェース設計の考え方や特徴を学びます。また視覚的な画面構成という観点から、Webデザインの考え方についても学習します。
  • マルチメディア/JPEG、MPEG、MP3など、符号化の種類と圧縮方式について学びます。
  • データベース/データベースと、データベース管理システム(DBMS)の意義、目的、考え方について学習します。
  • ネットワーク/インターネットの特徴と基本的な仕組みを学びます。またインターネットにおける通信プロトコルの必要性や代表的なプロトコルの役割、さらにはネットワークに関するLANやWAN の種類と構成、インターネットやLANの接続装置の役割を学習します。
  • セキュリティ/ウイルス対策などの技術的セキュリティ対策の考え方、その種類と特徴。入退室管理やアクセス管理など、セキュリティ対策の考え方や種類と特徴。ID・パスワード、コールバック、ディジタル署名、生体認証技術など。
初学者もわかりやすく学べる講義DVD情報→http://www.foresight.jp/it/

<< 前のページ次のページ >>