合格までの学習時間

どんな方でも100時間以上は勉強してください。

ITパスポート試験対策に必要な期間ですが、標準的には3ヶ月位といわれています。通学講座でも「週1回開講・3ヶ月のITパスポート」講座を行っているところが少なくありません。期間的には本試験からさかのぼり、90日の時間の余裕を確保しておくとよいでしょう。

管理人として標準的3ヶ月については、1日1.5時間の学習を念頭においていただききたいと思います。つまり1.5h×90日=135時間くらいは、最低勉強してほしいと思います。

繰り返しますが100~130時間は、あくまで最低限確保すべき学習時間です。基本テキストを一通り流し読みしてみて、そのうち8割~9割の用語は一度は聞いたことがあるというレベルの方でも、うろ覚えの用語を理解にまで落とし込むまでには、最低それくらいの時間が必要になると思います。

学生のみなさんはもうお気づきかもしれません。そもそも大方のIT用語を知らないという方の場合は、少なくとも上記の1.5倍、もしかしたら2倍くらいの学習量は必要だということですね。
そういう方の場合も詰め込み学習は禁物です。1日の学習時間を倍に増やす無理な学習計画は立てず、より多くの学習期間を確保する方向で計画を立ててください。

幸いにITパスポート試験は春季と秋期の年2回開催されています。ですから年間のどの季節も学習をスタートさせる時期に適しているといえるでしょう。

自分にはどれくらいの学習量(期間・時間)が適切かを、とりあえず学習をスタートさせた後で検討するのに適した学習スタイルは、独学か通信講座です。何日の何時と固定されたカリキュラムの制約はありませんので、自由に学習計画を構成することができます。

特に講義DVDなどのメディア教材で学ぶ人は、自分に適した学習計画をつくりやすいと思います。講義DVDなら1回の視聴がたとえば1時間と決まっています。「何枚かのDVD講義を何回繰り返すと、80時間勉強したことになる。おそらくそれで基礎知識の取得は可能だろう」。など、内容習得までの目安が立てやすいのが、メディア教材での学習なのです。

ビジネスのITスキルが全く初心者という方や、ほとんどの分野について知識がない人、またPCに苦手意識がある人などは、通学講座か、もしくは通信教育で勉強するのがいいでしょう。そして自分に適した学習量・学習ペースを守るという点では、管理人はどちらかとえいば通信講座をお薦めします。

初学者もわかりやすく学べる講義DVD情報→http://www.foresight.jp/it/

<< 前のページ次のページ >>