ITパスポートとは?

社会人すべてに必要な、ITの基礎知識

2009年春に第1回試験がスタートしたITパスポート資格。試験の創設からまだそんなに時間が経過していないにもかかわらず、ITパスポートはすでに年間10万人以上の人がチャレンジする国家資格として定着しています。この数字は、とんでもなくすごい人気です。
ITパスポート資格は、なぜそんなにも支持されているのでしょう。ここではまず、ITパスポート試験の背景を解説してみようと思います。

ITパスポート試験は、情報処理技術者試験が2009年度に大幅に改革されるに伴い、レベル1(全7段階中の1)の試験として新しく創設されたものです。
情報処理技術者試験は独立行政法人情報処理推進機構(通称IPA)が主催しています。その名のとおり、これまでは主にソフトウェア系の技術者を対象に情報処理技術者試験は行われてきました。

しかしいまや情報技術は日本の社会基盤になっています。職業がエンジニアであるかどうかには関わらず、社会ではたらく人すべてに、情報技術の潜在力を日々の業務に積極的に活用し、また付加価値を生み出す視点が求められているのが今日の社会です。

また、今日のネットワーク社会では、ITを安全に活動するための知識や、企業のコンプライアンス向上につながるための知識を備えておくことも欠かせません。IT技術の安全は、もはや技術者の努力のみでは保てなくなっているのですね。

このような背景から、IPAは、職業人として誰もが共通に備えておくべき基礎的な知識を測るレベル1の試験としてITパスポートを創設しました。

そのためITパスポート試験では、基礎的なレベルではありますが、ITによる経営、管理、技術などの幅広い知識を習得できます。そしてITパスポートの資格者となることで、そのことを社会に証明できます。 またITパスポート試験は、合否判定のほかに、総合得点や分野別得点も通知されるため、IT全般に関するバランスのとれた学習ができる点も特長です。

今日の情報社会では「情報リテラシー能力」ということがよくいわれます。リテラシーとは=文字を読み書きする能力です。正しく日本語を操れるようになるために、私たちはみな平仮名・漢字を子供の頃から一生懸命覚えてきました。それと同じようにIT技術・情報を正しく読み書きできるようになるためには、正しくITの基礎を学習する必要があります。

いま、その努力を始めるための最もスタンダードな学習機会が、ITパスポート試験だといえそうです。

初学者もわかりやすく学べる講義DVD情報→http://www.foresight.jp/it/

<< 前のページ次のページ >>